宮本しばにの覚え書き

studio482+店主の日々のことを綴ったブログ

 

f:id:shivanii:20181204192420j:plain

ほうれん草の「胡麻ポン酢和え」

 胡麻和えは、どこにでもある料理だけれど、

簡単そうにみえて、実はおいしく作るのが難しい料理だと思う。

 

ときに外で食べる「胡麻和え」は少し甘すぎる気がするし、

家で作って「これだ!」と思うことも意外と少ない。

 

最近、ポン酢で胡麻和えを作ってみたところ、酸味が味を引き締め、イケる胡麻和えになったので、覚え書きしておこう。

 

続きを読む

拙著「台所にこの道具」が発売されました。

f:id:shivanii:20181127171209j:plain

 

studio482+店主、宮本しばにの新刊本「台所にこの道具」(アノニマスタジオ)が11月1日に発売されました。

 

道具エッセイ、道具説明ページ、レシピ、3つで構成されています。

16の道具たちが出演します。

すべて日本の伝統的な台所道具です。

外国の方にも日本の道具を知ってもらいたいということで、すべてのページに英語要約が入っています。

 

羽釜でおいしいごはんを炊く

f:id:shivanii:20150512131858j:plain

 

伊賀焼「土楽」の羽釜は、とにかくごはんがおいしく炊ける釜です。

秘密は底の丸みにあります。

この丸みが対流を起こし、お米にまんべんなく火が通り、ふっくらしていて艶やかなごはんが炊き上がります。

 

続きを読む

土鍋の仕事

f:id:shivanii:20170829174351j:plain

 

伊賀焼の窯元「土楽」の土鍋は、煮炊きはもちろん、炒める、焼く、蒸す、オーブン使用が出来る特徴を持っています(揚げ物は不可)。

 

伊賀の土を使った純粋な土物は、その特質を生かし、油を使った料理が可能になります。これが他の土鍋と違うところ。ですから「鍋」として和洋折衷、様々な料理に使うことができます。

 

土楽窯では型は使わず、すべてろくろを回し、ひとつひとつ手で製作されています。また、縁や取っ手の部分は中が空洞になっています。これは重さを軽くするための見えない工夫。一年を通して土鍋を使ってもらうために、軽く使いやすい形状になっているのです。

 

続きを読む

山只華陶苑・加藤智也さんについて

f:id:shivanii:20160419132702j:plain

 

寛政六年(1794年)から続く「山只華陶苑」。

 その7代目、加藤智也さんは国際的な陶芸コンテスト、ファエンツァ国際陶芸展グランプリ受賞など、数々の展覧会で 受賞され、2012年には「JUJUシリーズ波紋櫛目すり鉢」で グッドデザイン賞を受賞されている気鋭アーティストです。

 

加藤さんのすり鉢の特徴は何と言っても「波紋櫛形」というすり目。スピーディーに、そして食材の香りを立たせる独特な技法です。

 

続きを読む

伊賀焼の窯元「土楽」について

f:id:shivanii:20141102161844j:plain

 

窯元「土楽」は三重県伊賀市にあります。

7代目福森雅武さんは、かの白洲正子さんと交流があることで知られています。

白洲さんの随筆には土楽がよく登場しますね。白洲さんがいかに土楽の陶器に惚れ込んだかが、よく分かります。

 

続きを読む