宮本しばにの覚え書き

studio482+店主の日々のことを綴ったブログ

内田輝さんの演奏会

f:id:shivanii:20190819095202j:plain

一昨日はクラヴィコード奏者・内田輝さんを我が家へ招いての演奏会でした。

今年で3回目。恒例になりつつあります。このような貴重な演奏会を我が家で催すことができるのは心から嬉しい。

f:id:shivanii:20190819095916j:plain

クラヴィコード

クラヴィコードは14世紀頃、教会で使われていた楽器。ピアノの原型です。

演奏のためではなく、祈りのために弾かれていたのではないかと言われています。

耳を澄まさないと聞こえないほど音が小さいのが特徴で、この楽器を弾くと神様が聴きに天から降りてくる、なーんて言われています。

 

クラヴィコードは内田さんご自身が製作しています。それにしても美しい楽器だなぁ。

彼が弾き出すと、自然が共鳴して不思議なことが起ることもあります、ふふ。

 

f:id:shivanii:20190819100405j:plain

さぁ、演奏会のはじまり、はじまり〜。

開演開始は6時で、日が沈みながらのスタート。終わる頃には真っ暗になり、ろうそくの火だけがゆらゆらと灯っていて、聴覚だけではなく、身体全体がとても敏感になっていきます。

内田さん曰く、
入ってくる音楽を受け身で聴くのではなく、自分の耳でその微かな音を聴き取っていくようなイメージで聴くと、より楽しめると思います。音がなくなった瞬間の「静寂」がとても大切です。

 

クラヴィコードを聴いていると、次第に耳の感覚が変化し、どんな小さな音でも拾えるようになり、心が平安になっていきます。

座禅をしているような感覚。
この繊細な世界を知っているのと知らないでは、世界がまるで違って見えてくる。自分の居る場所が変わってしまったような...。

 

演奏後はみんなでお食事〜。

夏野菜を使ったお料理を7品+デザートをお出ししました。

 

f:id:shivanii:20190819101111j:plain

 

冷製コーンスープ

干しズッキーニ、ルッコラ、クレソンのサラダ

ラタトゥユ・ブルスケッタ

枝豆のキッシュ

チーズコロッケ

マッシュルーム・リゾット

バジルペストのパスタ

デザート

 

来年もやるぞ!

土鍋ラタトゥユ

f:id:shivanii:20180715173104j:plain

直売所に夏野菜が並ぶと作りたくなるのが「ラタトゥユ」。南フランスの代表的な家庭料理です。

長野はズッキーニの産地として有名で、この時期、直売所では3本100円ぐらいで売っています。少し前に仕事で神奈川県のスーパーで買ったズッキーニが何と1本299円!!!開いた口が塞がらない値段にびっくり。長野は食材に恵まれているなぁ。おいしい空気と水と食材。この基本の3つが信州にある幸福感は大きい。

 

〈土鍋ラタトゥユの作り方〉

ズッキーニ1〜2本と茄子2〜3を1.5〜2cmの角切りにする。別々のボールに入れて塩を振り混ぜ、30分ほど置く。

続きを読む

暮らしカバン「BRIDGE」が初入荷

f:id:shivanii:20190703151642j:plain

暮らしカバン「BRIDGE」

京都で活動されている布作家・山口智美さんのブランド「モーニン」。

カバンや洋服など、性別や世代にとらわれない自由な発想をする山口さんのプロダクトデザインはすっきりとしていて、使い勝手の良いで知られています。

モーニンが製作している定番カバン「BRIDGE」。この「BRIDGE」+暮らしのあらゆるシーンで活躍する多機能カバンをstudio482+のために制作をしていただきました。


元々、私は買い物や仕事に「市場かご」を使っています。市場かごは青竹で作られていて便利に使っていますが、それにソフトさと機能性を加えた布製のバッグにしたらどうなるだろう、というところからスタートしました。
仕事で山口智美さんと出会った時にかばんのことを相談をしたら、すでに彼女はBRIDGEを製作していたのです。

 

f:id:shivanii:20190720143005j:plain

山口智美さんとテツオ&昆布男

↑山口さんの個展に行って、はじめて「BRIDGE」と出会いました。1年以上前のこと。

山口さん自身、このカバンを自転車の後ろに取り付けて買い物に行っているそうで、サイズは私が持っている市場かごとほぼ一緒でした。早速製作を依頼し、出来上がったのがこのカバンです。

 

f:id:shivanii:20190703143146j:plain

機能1
コンパクトサイズに見えて、実はたくさんのモノが入る。
両側のマチを内側に畳むこともでき、大きなものを入れるときはマチを広げて使えるため、少ない荷物にも、またたくさんの荷物も対応できます。
しっかりした生地なのにやわらかさもあるので、包容力があるのです。 

 

f:id:shivanii:20190703150347j:plain

機能2
防水加工のテント地だから水に強い。

機能3
持ち手が3つのバージョンに。
a) 普段は短い持ち手を使う。

f:id:shivanii:20190703144840j:plain



b) 肩に掛けるときは持ち手にベルトを付けて肩にかける。長さはお好みに調節してご使用ください。

f:id:shivanii:20190703144524j:plain



c) スーパーでの買い物など荷物が多い時は長い持ち手を使う。

f:id:shivanii:20190703150222j:plain

f:id:shivanii:20190703150002j:plain

機能4
内ポケット4つ付き。
両側に2つずつ、合計4つのポケットが付いています。4つのうち1つは携帯や名刺などが入るサイズ。

f:id:shivanii:20190703143604j:plain

 

機能5
ミニバッグ付き。
丈夫な素材で作られた鞄で、マチ付き。単独でもご使用いただけます。
財布、通帳、500mlのミネラルウォーターなどが入リます。
レストランでレストルームなどに行く時や、銀行、短時間の買い物など、さっと取り出すことができます。

f:id:shivanii:20190703145154j:plain

 

機能6
カバンの中身を見られないように、リネン布が付いている。結び目がついているので、それを結べば完了。

f:id:shivanii:20190703144005j:plain

 

機能7
ボタン付きで、カバンが横に広がらない。

f:id:shivanii:20190703144043j:plain

毎日使っても破れず、濡れにくく、ヘビーユースできるカバンです。

 

実はこのカバンを販売したところ、すぐに売り切れてしまって...。作家さんが一つ一つ丁寧に縫って製作していますので、入荷数が元々、少ないのですけれど。

オンラインショップで在庫がゼロになっていても、ご注文を承りますので、オンラインショップ内の「Contact」でお問い合わせくださいませ〜。

 

studio482.theshop.jp

第二回「しばにゼミ」のご報告

f:id:shivanii:20190713132654j:plain

東慶寺でのゼミ2回目が7月10、11日と、2回行われました。

梅雨の晴れ間で雨も降らず、風が気持ちいい日で、オープンエアーでやらせていただきました。

このような美しいお寺の庭を見ながらゼミをやらせていただけるのは贅沢ですね。

 

まず前半は料理。

今回は夏のお料理ということで、

エスニック冷麺」

「厚揚げのレモンソースがけ」

「ズッキーニのアーリオオーリオ炒め」

3品を参加者の皆さんと作りました。

 

「一から十まで自分でやらなければ分からない」

料理はこれに尽きるのです。

続きを読む

大阪「GULIGULI」での5日間

6月21日から5日間の日程で、大阪池田市のGULIGULIに滞在しました。

車で大阪池田市まで行くのは初めてで、高速を降りてからは少し緊張しましたが、無事に到着。我が家から5時間半の旅でした。

その日は夜7時まで、マネージャーの中川さんと一緒に搬入と展示。

おかげさまで台所道具が立派な姿でギャラリーに。

f:id:shivanii:20190622100226j:plain

 

続きを読む

素描家・しゅんしゅんさんとの対談

f:id:shivanii:20190624144236j:plain

「野菜たっぷり すり鉢料理」(アノニマスタジオ)の装丁とイラストでお世話になった素描家・しゅんしゅんさんと対談をするために、彼の自宅にお邪魔しました!

 

素描家・しゅんしゅんさんは1本のペン(黒または青黒)を使って、線のみで表現をする画家です。その繊細で静寂な世界は、多くの人を惹きつけて止みません。

ちょうど「GULIGULI」での展示会のために大阪に滞在していましたので、大阪から新幹線で広島へ!

続きを読む

SHOP展とWS開催 with nimai-nitai in GULIGULI

f:id:shivanii:20190529144410j:plain


さぁ、もうすぐ6月のショップ展です。

そのための道具たちがわが家で待機中。木工製品、陶器、鉄製品、金物製品、布製品など25点ほどをこの展示会のためにキープしています。

作家さんが製作をやめてしまって販売終了となってしまった「塩壺」も、この日のために特別出品致します。もちろんご購入いただけますよ〜。

 

さて、今回のショップ展は大阪の「GULIGULI」さんで行われます。

私も1度お邪魔させていただきましたが、GULIGULIは大阪池田市の住宅地が密集しているところにあります。門をくぐると広い敷地内にカフェとギャラリーの建物があり、森に囲まれた気持ちの良い空間。「屋久島」がテーマなのだそうです。ここで毎月展示会やイベントを開催しています。

 

続きを読む

おかひじきのナムル

f:id:shivanii:20190526091133j:plain

 

この野菜は塩ナムルにすると格段に旨い。

その姿がヒジキに似ていることから「おかひじき」と名のついた野菜は、基本的に無農薬で栽培できるそう。

春、直売所でこの野菜を見かけると必ず買う。きれいな緑色をしたこの野菜は、火に通すとさらに緑が鮮やかになり、歯切れの良い食感は口の中を楽しくさせてくれる。

何度も食卓に出している料理だが、夫ははじめて食べたように「これ、おいしいね」と口にほおばっている。

それがまた嬉し。

 

《おかひじきの塩ナムルの作り方》

1.  おかひじき一袋(片手いっぱい)をさっと洗って塩茹でする。

「塩茹で」とはパスタを茹でる時と同じ濃度の塩を入れることで、1リットルに塩大さじ1ぐらい入れる。茹でながらほんのりと塩味をつけるのがポイント。

続きを読む